女性にとって憂うつなのは生理中の痛みや気分の落ち込みです。
生理中だけならまだ我慢できるけど、生理前に不調になるのは生理中より余計に憂うつです。
この生理前の不調を月経前症候群、いわゆるPMSと言います。
人によっては生理中よりPMS期間の方が辛い人もいるのが現状です。
今でこそ、この月経前症候群が広く認知されるようになりましたが、10年くらい前は知らない人がほとんどだったのではないでしょうか。
知られていないため、解消術も深く研究されておらず、ただ辛さを耐えるしかなかったのです。
先日、ドラッグストアの前に「月経前症候群が楽になる薬」というのぼり旗を見つけ、思わず駆け寄りました。
それはサプリメントでした。
私はすでに更年期に入っているので、もう必要ないのですが、思わず嬉しくなりました。
漢方薬でも効果があると聞きます。
しかし漢方薬は効能が広く、そのためにじっくりと効いてくるのが特徴です。
それと比較して、ハーブが使われているサプリメントの効果はどうでしょうか。
期待ができますね。
女性の体調を左右するのは、ホルモンバランスの乱れと言っても過言ではないでしょう。
この先もPMSの研究を重ねていってもらって悩み知らずの日々が来ることが目標だと思います。
PMS(月経前症候群)対策、緩和改善~漢方ハーブ解消術