安全運転を心掛けていても、危険な運転をしているドライバーは、どこにでも存在するため、交通事故に遭ってしまうことがあります。
後遺障害は、治療を続けていたにも関わらず完治はせずに、今後の回復の見込みがなく、症状が改善しないまま治療期間が終了してしまった状態です。
交通事故には、自賠責基準、任意保険基準、弁護士基準の3つがありますが、弁護士基準が一番補償額が大きくなっています。
後遺障害には、一番重い一級から、14級までがありますが、診断された等級に不満がある場合は、弁護士に相談をすることが大切です。
病院できちんと精密検査を受けるようにして、医師に診断書を書いてもらうことが大事です。
日本の法律では、損害賠償などが被害者側に不利になっていることが多いため、泣き寝入りをしないためには、弁護士にアドバイスを受けることが大事です。
異議を申し立てをすることで、等級が上がる場合がありますし、受け取る金額を増額させることが可能になります。
相談料や着手金などは無料になっているので、安心して依頼することができます。
交通事故に強い弁護士を選ぶようにすると、快く相談に乗ってもらえます。
被害者側が納得できる慰謝料を受け取ることが可能です。