口の中には多種類の細菌がいます。
そしてその数やバランスは人によって違いがあります。
口の中の病気で代表的なものはむし歯や歯周病ですが、これらはいずれも感染症の一種で、細菌によって発病します。
ですから口の中の健康を保つためには、口腔内の環境を知ることがとても大切になってきます。
中央区月島勝どきの歯医者さん「YUZ DENTAL tsukishima」は、今までのような治療のために通うのではなく治療しないで済むために通う所、をコンセプトにした診療を行なっています。
診療は歯科一般の他、審美や矯正、インプラントなどトータルに対応しています。
中でも「YUZ DENTAL tsukishim」の予防歯科では、唾液に着眼した予防歯科治療を行なっています。
唾液を検査して、むし歯を発生させたり進行させる細菌のバランスや数を調べてリスクを知り、同時に予防対策を提案しています。
また唾液には食事のたびに歯から抜け出ていくカルシウムなどのミネラル分を歯に補う再石灰化という作用がありますから、唾液が充分に分泌されているかどうも大切なポイントです。
そのため「YUZ DENTAL tsukishima」では唾液の量や再石灰化の能力なども調べて、食事のとり方などの指導に役立てています。