健康などについて載っている雑誌を見て、水素水が気になっている方もいるかもしれません。
ただ良いという事が分かりいくつか種類がある事を知っても、実際にどの商品を購入したら良いか分からない場合もあるでしょう。
全ての製品が絶対に良い訳ではなく、実際に溶存水素濃度測定をしてみると、書かれている数値より低い事もあります。
すると自分では飲みながら水素を摂っているつもりでも、ただの水を飲んでいる事になってしまうのです。
どのくらいの濃度が入っているのかというのは、大変重要な事になります。
できればしっかりと濃度があるものを飲みたいと思っても、自分で様々な水素水を購入してきて測定するのは大変です。
今販売されている水素水を比較してくれて、丁寧に解説してくれているサイトがあります。
どの商品が濃度が保たれていて、あまり入っていなかったというものも参考にする事が可能です。
基本的にサーバー系やパウチの場合には濃度が保たれている場合が多いのですが、逆にペットボトルに入ったものはほとんど濃度がないという結果が出ています。
気軽にコンビニやスーパーでペットボトルタイプは購入できますが、できる限り製造されたままの濃度を保った商品が欲しいのであれば、パウチタイプなどを選ぶと良いでしょう。
水素水の効果を比較|実際に購入して水素濃度を測定