妊娠中は自分の子供を褒めすぎる、所謂親ばかにはならないように気をつけようと思っていましたが、子供が産まれてからはこんなに愛おしくて可愛い人間がこの世界に存在するのかと感動し、以前の決心もむなしく典型的な親ばかになってしまいました。
毎日毎日喜怒哀楽により表情がころころと変化し、今この可愛い瞬間を色々な方に見て欲しいと思い、よく広告に出ている赤ちゃん専門のモデルオーディションについて調べました。
残念ながら私どもは条件が合わず、参加することは出来なかったのですが、調べれば調べるほどに倍率が高く大人気のものなのだと知ることが出来たのです。
雑誌やちょっとした商品のモデルに赤ちゃんが使われていると、とても可愛らしく思わず手に取ってしまいますよね。
そのモデルにぜひうちの子供を起用してほしいと思われる方が、星の数ほどいることは手に取るようにわかります。
自分の子供が主役になれている感じは、親としては最高の幸福ですから。
最近は子役タレントの活躍も目に見えて増加しているのも、赤ちゃんのモデル志願率が増えている理由でしょう。
途中で断念した私が言うのもあれなのですが、倍率が高く、今非常に活気のある業界ですが、応募してみないと採用されるかどうかはわかりません。
自分の子供の将来の幅を広げるためにも、一度オーディションにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。