我が家が一戸建て住宅を建てたのは、いまから20年も前のことです。
当時は自分の希望がすべてかなえられた家だということでとても
満足していたのを覚えています。
また、それまでが集合住宅に住んでいたので隣の物音がきになっていたり
いろいろと気を使う生活をしていたので、一戸建てになったときは
気が楽になったのをいちばん感じました。
隣の家と少し離れている環境になるので、他人の目をきにしなくて済むのが
いちばんうれしかったです。
ただ、一戸建ては立てたらもう終わりということではないですね
この20年のうちに、外装をやり直したところもありますし、リフォームをしたところも
あります。
子供が大きくなるにつれ、生活が変わったからです。
家は、一度建てたら終わりでないことをこの20年で知りました。