マンション管理に満足されていますか?
総会の運営がしっかりできていない、メンテナンスが行き届いていない、長期修繕計画や資金計画に不安がある、修繕積立金が不足している、管理員の対応が不満など、マンション管理のお悩みは、管理会社を変えることで解決できる場合があります。
意外に知られていないのが、管理会社は変更ができる点です。
多くのマンションでは、当初、マンションの建設会社や販売会社の系列にある管理会社に管理が委託されています。
そのため、変更できるなんて思いもしなかったという方が多いのです。
マンションは高額で長きにわたる大切な資産ですから、その価値を維持するためにも、適切な修繕計画やメンテナンス、管理会社の対応力が大きく影響してきます。
不満な点の改善を求めても見直されないようなら、もっと信頼できる管理会社に替えるのも1つの方法です。
たとえば、適切な管理会社では、毎年建物の診断を建物の劣化状況を修繕計画に反映します。
そして、修繕積立金の不足には管理費会計の支出を削減するなどの提案をしてくれます。
管理員については管理業務だけでなく接遇についても研修が設けられ、スキルアップが図られています。
こうした管理会社なら任せて安心ですね。