今や、企業も官庁も個人も、インターネットとは無縁ではいられません。
好む好まざるにかかわらず、インターネットを利用せずにはいられない時代です。
同時に、インターネットを介した危険が取り沙汰されるようになりました。
その一つがインターネットを介した情報漏洩です。
色々なケースが考えられるのですが、インターネットを経由した不正アクセスや、メールなどの誤送信、または不用意に個人情報を送信するようなサイトにアクセスしたなどがあります。
これらの情報漏洩対策として、ウイルス対策、不正アクセスのブロック、メール誤送信を防ぐソフトなどが用意されています。
ただしインターネット上の悪意のあるウェブサイトに個人情報を入力して送信してしまうというケースは、言わば人為的なミスですのでアプリケーションソフトウェアなどでの対策にも限度があります。
そうした情報漏洩対策としては、個人情報管理の意識を徹底するなど、うかつに情報を漏らさないようにする教育が必要です。
また悪意のあるウェブサイトにアクセスできないようにしたり、そうしたサイトであれば事前に警告を発するようなフィルタリングを活用するのは有効な手段です。
その場合でも、警告を無視したたり気づかない場合もあるので、やはり最終的にはひとりひとりが気をつけるのが最上の情報漏洩対策と言えるでしょう。合わせて読みたい情報:CLICK HERE